2016年12月31日

事故車を査定してもらうのに連絡する場所とは?   それが高額買取店「タウ」

事故車を査定してくれる買取店はそもそも存在するのか?

事故を起こせば車の価値がなくなると思うのが普通です。
日常生活で言うと食器です。
普段当たり前のように食べ物を乗せているお皿が落として割ってしまったらどうですか?
バリバリに割れたお皿を必死に接着剤で修理しますか?原型がなくなっている物を直せますか?

例えは少し違ったかもしれませんが同じかもしれません。
少しキズが付いても大切にできない物ってありますよね?
そういう感覚であれば事故ではなく傷や飛び石エクボでも大切に出来なくなるかもしれませんよね。

それが車であればどうでしょう。
今は昔。家の次に大きな買い物と言われていた車です。
その車が事故に遭ってしまい損傷してしまったら大ショックですよね?

事故車となってしまった車を何とか現金化して新しい車の資金にしたいと考えたいが
車を買い取ってまらえるのだろうか?
ネットでよく見る
「何でも無料で処分します!」


本当に無料で処分してくれるのだろうか?

無料で処分してくれるのだろうか?と心配しているのに
事故車を買取りなんて本当に成立するのだろうか?連絡!連絡!

それを可能にしてくれたのが事故車買取専門店のタウ



本当にあなたの車が事故車であれば現金で買い取ってくれます。
ただ事故車でなければ買い取ってくれないという事実もあります。

事故車があなたの電話一本で現金に変わっていきます。
知っている方は現金を手にして知らない方は処分費の請求が

本当かな?大丈夫かな?本当に事故車を買い取ってくれるのかな?

そんな考えても仕方ありません。行動あるのみ!今すぐ連絡です
真実はココにあります。今すぐ査定申込みを! ↓↓↓クリック

事故車買取専門店タウへ査定申込はココをクリック









ラベル:査定 連絡 事故車
posted by さち at 11:33| Comment(0) | 事故車 | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

事故車をレッカーして買取してくれる便利な業者とは?それがタウ

事故車を置いたままの修理工場からレッカーして買取してもらえる業者はあるのだろうか?


事故を起こすと色々なケースが発生する。例えば、

①接触事故程度で自力で走行して自宅まで乗って帰れる程度の事故。
②接触事故で自力で走行できずにレッカー使って修理工場や駐車場へ移動しなければならないレベル。
③大破事故で当然自力で走行できず自分も事故現場から病院へ直行でレッカー会社の駐車場へ運ばれるレベル。

さて、あなたの車は今どんな状況ですか?
自動車保険に加入していると今ではロードサービスの中に事故の時のレッカー移動も条件付きでついている。条件付きには各社色々と差別化をしているようだが基本的には事故現場から無料で運んでくれる。目的地に運んでもらうとなると自動車保険会社によっては有料になるケースもある。
また、自動車保険に加入していない方はJAFやその他ガソリンスタンド系のクレジットカード会社にも付帯されていることもあるロードサービスを使って事故現場から移動すると言う方法もある。

いずれにしても事故を起こした状態のままで乗るにはハードルが高すぎる。
もしかしたら保安基準に引っかかる部分が損傷していれば、公道を走っていて警察官に止められて整備不良で反則金を支払わなければいけなくなることもあるかもしれない。保安基準に引っかかる代表的な整備不良は、ライトやウインンカー、ブレーキランプなどの部分である。ボディが凹んだ程度であれば何も支障はないが、気を付けたい部分である。

どんな状況でも事故車の悩みに対応してくれるのがタウの事故車買取プランである

そこまで考えていなくても、とにかく事故車を何とか人に迷惑をかけないように速やかに処分したいと思うのが普通の人の心情です。
↓↓↓
そこで立ち上がってくれたのが事故車を買取までしてくれるプランです。











ラベル:レッカー 買取
posted by さち at 20:04| Comment(0) | 事故車 | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

事故車でエアバッグが開いたら下取り額が¥0の真実とは?

事故に遭ってしまっただけでも大損だと思いますが、事故で衝撃が大きいとエアバッグが開いてしまい一気に修理代が膨大になります。事故でエアバッグが開くことで衝撃を吸収して乗車している人間を守ってくれます。
「あー、助かった!」

と思っても現実に戻された瞬間にまず浴びるのが車の状態であり修理代金の膨大さです。

実はこのエアバッグの修理は誰にもどうにもできない部分なんです。
修理工場でさえも費用を抑えることではないので頭が痛い所です。
安全装備の為、誰も太刀打ちできない部分です。

事故で愛車が事故車になってしまい価値が下がることはもとより下手したら¥0査定にもなってしまうどころか、事故車の処分代で高額な廃車代金がかかってしまうと言う事実もあります。
実際問題、新車ディーラーではエアバッグが開いただけで廃車扱いと言われました。もちろん査定は¥0です。次の車を買っていただけるなら処分代は¥0で良いですよ。なんて会話も出てきます。
やはり衝撃吸収ボディボディだけあってエアバッグが開くという事は相当な衝撃を車本体が吸収しているという事なのでしょうか?
そうであれば、この車を修理する価値が果たしてあるのだろうか?
修理をした金額以上に下取りや買取りに出して売る時に、査定額よりも高くなるのであろうか?

事故の当事者となり色々な事を考える一方、体だけではなく車本体にも目を向けて対処しなければいけないという点ではダブルパンチです。
事故に遭っても元気であれば車の処分方法にも選択肢があると思います。
相手がいて自動車保険で修理するなら良いとしても少しでも自腹が発生するのであれば
考えてしまいますよね。
事故も起こさずに乗っていたとしても車を売る時には少しでも高く売りたいと思うのが普通ですが、事故車になった瞬間に高額査定はもちろん¥0査定どころか廃車処分費用が掛かってしまう事を考えると、そのほかの事を考えることも必要だと思います。

何でもそうですがその道のプロと言う業種の方もいます。
事故車を専門に買い取ってくれる業者はないものか?

答えはあります。
事故車という事は、使えない部分もあるが使える部分もあります。そもそも骨格が残っていれば他の部品と言う部分は他の同型車種から調達すれば1台の車として蘇る可能性も出てきます。

廃車代金無料で引き取ってくれる業者もありますが、同じ手放すなら少しでも現金化できる方を選びたいものです。そんな時に役立つのが事故車専門買い取り専門店の存在です。事故に限らず、最近異常気象で起こる水害での車両売却も増加傾向です。

万が一の事故の時には一度査定依頼するのが今後オーソドックスになっていく。

<<<事故車買取の査定申込ならここをクリック👆>>>
          👆👆👆👆👆👆👆

















ラベル:下取り額 ¥0
posted by さち at 21:23| Comment(0) | 事故車 | 更新情報をチェックする